キャバクラ

『キャバクラ』の概要

『キャバクラ』とは、店のキャストである、女性が客席に一緒につき、接待接客を行う飲食店である。店の女性従業員の事を、店側からは「キャスト」と呼び、一般からは「キャバクラ嬢(キャバ嬢)」や「ホステス」と呼ばれる。キャバクラ嬢以外の従業員にホール接客・金銭授受担当、調理担当・バーテン、送迎ドライバーなどがいる。

男性従業員については「黒服」や「ボーイ」と呼ばれ、「黒服」が主にエスコート担当業務で「ボーイ」はホール担当として呼び分けられる事もある。また、客の事を店側からは「ゲスト」と呼ぶ。 男性従業員が店外で、「キャッチ」と呼ばれる客の呼び込みを行う事もあるが、フリーのキャッチ専用スタッフが別でいる事もある。

女性従業員用に美容師やスタイリストを雇用している店もある。

キャバクラは「接待飲食等営業」にあたる風俗営業の為、風営法のもと営業されている。その為、深夜0時から日の出まで営業は出来ない。

昔はそれでも客がいる限り、その時間を過ぎても深夜4時、5時まで営業している店もあったが、最近では警察の取締りが強化されている事もあり、営業時間が守られている店が多いようだ。また、そういった取締り強化の影響を受けて、昼間に営業する『昼キャバ』と言われる形態も出てきている。

熟女系であれば、店で働くキャストにとっても、その熟女系と同年齢もしくは、それ以上の60~70代の客にとっても需要のある時間の営業であると言える。

サービス内容としては、女性キャストが客の隣に座り、接待を行う。客が良い気分でお酒を飲めるように場の雰囲気を作ったり、客が仕事の接待で使っているなら、その接待が上手くいくよう場を運ぶ手助けをする。

料金は時間制で、セット時間内は決まったメニュー内であれば飲み放題である。その他メニューには、女性キャスト用のドリンク代、指名料、同伴代、サービス料、税金(サービス料・税金共に5~25%程度)、持ち込み代(飲食物)等が発生する。

以上の事から、女性キャストによって料金幅が大きく変わるが、明朗会計な店が多いのが特徴である。

一見すると、『ガールズバー』の方が同じ時間制料金としては安くなるように思えるが、風営法に乗っ取り営業されているキャバクラでは接待接客が当たり前である事と、客の隣に座って密着した接客が行われるという特徴がある。

カウンター越し接客のガールズバーでぼったくり経験のある客は、キャバクラの料金が高めでも、ぼったくりバーには二度と行かない!と誓い、明朗会計で密着接客のあるキャバクラに惹かれるのはよくある事だ。

セット料金のみであれば1セット6000円~8000円程度だが、これに指名料や同伴代、ドリンク代などが入ると20000円以上などザラである。

『キャバクラ』について思うこと

『キャバクラ』で検索すると、沢山の店紹介やキャストの女の子紹介のポータルサイトがまずトップに表示される。ついで、女性用求人が上がってくる。この事から『キャバクラ』で検索している層は、店を探している男性客が多いと推察される。

一般的に、『キャバクラ』とは女性に接待されながら密着接客をして貰える場とされ、客が良い気分でお酒が飲めるという事が大前提である。

中には、キャバ嬢との疑似恋愛を求め遊びに来ている客も少なくないが、キャバ嬢自身もその疑似恋愛を使って客に営業をしている。キャバ嬢からすれば、新規客が指名客として返ってきてくれないと意味がないので、大半が進んで客に色恋接客をし、何度も店に指名で通ってくれるように促す。

指名には「場内指名」と「本指名」の2種類があり、キャバ嬢からして重要なのは後者の「本指名」である。

この指名や同伴というシステムは、キャスト対して、店からノルマとして組み込まれている事が多い。もちろん、キャストにはバック料金が発生し喜べる点もあるが、店によってこのノルマに満たない場合、罰金制度などのペナルティーがある為、デメリットを生む場合もある。

一見して、キャバ嬢は高収入と思われるかもしれないが、相当売れっ子でなければ辛い裏側もあり、同伴や店外デート、アフターなどの時間外労働が当たり前な職種である。

キャバ嬢という仕事に対して、キャスト本人からすれば、接客業より『営業職』と言うのが合っているだろう。店に来て!来て!とあからさまな営業連絡に、冷めてしまう客もいるかもしれないが、多くのキャバ嬢は罰金ペナルティーが恐い為に、そうせざるを得ない。

客からすれば、本指名もして同伴もして、となればとても高い遊び代になる為、そうそう通えないという財布の事情もある。また、それだけ金を使っているのだから!と、どんどん特別要求が高くなってしまう客もいるというのも納得である。

ただ、忘れてはならないのは、キャバ嬢にとってペナルティーは大きいということだ。

売上やノルマ貢献してくれる、良い客であればある程、特別扱いをしたくなるのも事実。キャバ嬢に喜んで欲しい、特別扱いして欲しいと思うなら、客は自身が、どれだけ貢献出来ているか?を、問わなければならない。

指名はしてもドリンクは一切あげないなどでは、キャバ嬢も塩対応をせざるを得ないのは仕方の無い事である。

また、このキャバ嬢という職では、数々の苦しいノルマやペナルティーから、確実な高収入を得る為に『風俗嬢』へ転身する元キャバ嬢も少なくはない。罰金代がかさみ、スナックやガールズバーの時給と変わらなくなる事も多い為、そちらへの転向も多いようだ。

  • 最終更新:2020-01-10 18:12:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード