人妻 風俗

『人妻 風俗』は風俗店がSEO対策として主に選定する風俗検索ワード。

Googleキーワードプランナーによる月間平均検索ボリュームは8,100。競合性は「低」とされる

『人妻 風俗』の概要

『人妻 風俗』は人妻風俗店を探している人が使う検索ワード。類似のワードに『熟女 風俗』というものがあり、こちらは人妻を含む更に上の年代の女が在籍している店を探す場合に使用するのだろうと思われる。

というのも若妻系の店だと20代~30代、人妻店だと30代~40代の女性、熟女店だと40代以上みたいな暗黙の了解的なものあり、どういうわけか、多くの男性は誰に教わったわけでもないのに、何とはなしに理解していることが多いからである。

ちなみに『シティヘブン』大阪エリアに掲載されている人妻・熟女店は2019年11月時点で163店舗で、これを多いとみるか少ないとみるかの判断はお任せする。『ぴゅあらば』の方の大阪エリアの人妻・熟女店の2019年11月時点での掲載数は169店舗と若干多いが、誤差のようなものだろう。

人妻風俗店を利用する客は比較的多く、その市場は意外と侮れない。また、人妻・熟女店の存在が事実上の社会のセーフティネットになっていたりもする。

若い内や独り身の状態なら、仕事ができなくなっても自分の世話だけならどうにかなるかもしれない。しかし、シングルマザーや離婚した女性だと、親の介護や子供の世話など、自分以外の一人で生活できない家族を抱えている場合に経済面でどうにもならなくなる場合がある。余程、待遇の良い会社に勤めているなら問題はないだろうが、大多数の人はそうではないだろう。

生活保護を申請しても認可して貰えなかったり、子供を預けて働こうと思って預かってくれる場所が無い。親を介護施設に入れようにも金が無い。

そんな時に、給料は日払いで、働くのは都合の良い時間だけでOK、その上、高収入という風俗の仕事は自分の覚悟一つで大きな武器に変わる。

しかし、「若くないから風俗で働けないかも」と不安になってしまう女性も多い。そんな女性の受け入れ先になるのが人妻・熟女店なのである。

子供の学費や親の介護料、自分の老後の蓄えなどを稼ぐために人妻風俗店の門を叩く女性は後を絶たない。

『人妻 風俗』について思うこと

『人妻 風俗』には、人妻と同義的に使用される『熟女 風俗』、キーワードを逆にした『風俗 人妻』の同類ワードが存在する。

同類ワード『熟女 風俗』が12100の検索ボリューム数であるのに対し、『人妻 風俗』は8100と4000もボリューム数が下がる。この結果だけをみると、人妻よりも熟女の方が対策ワードに適しているように思える。

実際『人妻』より『熟女』、「人妻+○○」より「熟女+○○」の方が検索ボリューム数が高い。

しかし「+○○」の○○のワードに注目すると、「熟女+○○」には漠然とした大阪等のワードが多いことに対し、「人妻+○○」は具体的な土地名である梅田や難波等のワードで多く検索される。

多くのユーザーが実際に店舗を探す際は「土地名+○○」と検索すること。人妻熟女の多くの風俗店が店名に「熟女」よりも「人妻」を入れていることが多いこと。これら2点の理由から、「人妻+○○」は実際に遊ばれる確率の高い検索ワードが入ることがわかる。

  • 最終更新:2020-01-10 17:54:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード